1. 資質向上・チームづくり

    令和元年度 冬期全社研修

    昨日はといろきっず全園、午前は保護者の皆様をお招きしたクリスマス会、午後は青葉公会堂で全社研修でした。研修では3月のキックオフ社員総会で決めた各園・各教室のスローガンの振り返りをグループワークで行いました。保育園であれ児童発達支援であれ、それぞれの事業所で日々仕事をしていると、中々普段の保育を立ち止まって考えたり、客観的に見直したりが難しいもの…

  2. 日々のこと

    保育観は「保育者の主観」でしかない

    保育観という言葉があります。保育者が、保育という仕事に取り組む上で大切にすること。保育士は専門職で国家資格であり、個々の経験則や知識、技術が大事なのは言…

  3. 十人十育の実践

    子ども主体、保育者の反応的な関わり

    穴があれば指を突っ込んでみたくなるし、引き出しがあれば全部開けてみたくなる。鍵があれば、ガチャガチャいじってみたくなる。1歳児に「ダメ!…

  4. 保育型児童発達支援

    合同運動会

    今日は、保育型発達支援といろきっずのたまプラーザ教室・中山教室合同運動会でした。長津田小学校さんの体育館を使わせていただけたので、あいにくの雨天でしたが無事…

  5. 日々のこと

    災害の恐ろしさにどう構えるか

    12日の台風19号が過ぎた後、すぐに全園をまわり、損壊ないか、電気水道問題ないか、確認をして、全社全職員に知らせました。同時に、職員の住まいや家族も無事で、…

PICK UP

RECENTLY

  1. 令和元年度 冬期全社研修
  2. 保育観は「保育者の主観」でしかない
  3. 子ども主体、保育者の反応的な関わり
  4. 合同運動会
  5. 災害の恐ろしさにどう構えるか

LINK

 

 

 

  1. 理念・考え方

    子どもに対するアンコンシャス ・バイアスを取り払いたい
  2. メディア掲載情報

    タウンワーク<青葉区版>に掲載
  3. 資質向上・チームづくり

    他園さんとの合同研修 part.2
  4. 日々のこと

    地域支援の輪
  5. BLOG

    海外視察:ドイツ・オランダの幼児教育施設を訪問
PAGE TOP