1. 資質向上・チームづくり

    保育観は、「保育者の主観」でしかない

    保育観という言葉があります。保育者が、保育という仕事に取り組む上で大切にすること。保育士は専門職で国家資格であり、個々の経験則や知識、技術が大事なのは言うまでもありません。しかしながら、士業といわれる個の仕事の提供価値が問われる専門職とはかなり異なる、チームワークを前提にした職業です。専門職な人同士で、過去の経験や事例をもとに積み重ねてきた個々の価値観を…

  2. 十人十育の実践

    子ども主体、保育者の反応的な関わり

    穴があれば指を突っ込んでみたくなるし、引き出しがあれば全部開けてみたくなる。鍵があれば、ガチャガチャいじってみたくなる。1歳児に「ダメ!…

  3. 保育型児童発達支援

    合同運動会

    今日は、保育型発達支援といろきっずのたまプラーザ教室・中山教室合同運動会でした。長津田小学校さんの体育館を使わせていただけたので、あいにくの雨天でしたが無事…

  4. 日々のこと

    災害の恐ろしさにどう構えるか

    12日の台風19号が過ぎた後、すぐに全園をまわり、損壊ないか、電気水道問題ないか、確認をして、全社全職員に知らせました。同時に、職員の住まいや家族も無事で、…

  5. 資質向上・チームづくり

    令和元年度 秋期社員総会

    昨日は法人全体での社員総会でした。まずは私より、といろきっずが大切にしたい保育や子どもたちへのまなざしについて。続いて、松田綜合法律事務所の…

PICK UP

RECENTLY

  1. 保育観は、「保育者の主観」でしかない
  2. 子ども主体、保育者の反応的な関わり
  3. 合同運動会
  4. 災害の恐ろしさにどう構えるか
  5. 令和元年度 秋期社員総会

LINK

 

 

 

  1. 日々のこと

    小規模保育の未来を語る2018 in 横浜
  2. メディア掲載情報

    横浜市会議員 藤崎浩太郎さんのブログでご紹介いただきました!
  3. 十人十育の実践

    毎月一回の運動あそび
  4. 日々のこと

    地域支援の輪
  5. 資質向上・チームづくり

    他園さんとの合同研修 part.2
PAGE TOP