理念・方針

  1. 日々のこと

    保育観は「保育者の主観」でしかない

    保育観という言葉があります。保育者が、保育という仕事に取り組む上で大切にすること。保育士は専門職で国家資格であり、個々の経験則や知識、技術が大事なのは言…

  2. 十人十育の実践

    子ども主体、保育者の反応的な関わり

    穴があれば指を突っ込んでみたくなるし、引き出しがあれば全部開けてみたくなる。鍵があれば、ガチャガチャいじってみたくなる。1歳児に「ダメ!…

  3. 十人十育の実践

    毎月一回の運動あそび

    といろきっずでは、普段の保育計画の中に運動やリトミック、今月の絵本・今月の歌、戸外活動や園内での製作等、0〜3歳未満児の園児が様々な遊びの体験機会を通じて学びが…

  4. 保育型児童発達支援

    といろきっずの保育理念(児童発達支援編)

    といろきっずでは、子ども一人ひとりの個性を尊ぶ「十人十育」という保育理念を大切にしています。個人差・月齢差の大きい0~3歳未満児の小規模保育で特に大事に…

  5. 保育園運営の基本方針

    といろきっずの保育理念(小規模保育編)

    「一人ひとりのために~」を大切にすることは、保育園であれば当然のことだと思います。特にといろきっずは0〜3歳未満児の小規模保育なので、個人差や月…

PICK UP

LINK

 

 

 

 

RECENTLY

  1. 「慣らし保育」という言葉への違和感
  2. 保育園で提供している給食のレシピ紹介サイトを作ったもう一つの…
  3. 小規模保育園の「家庭的給食」を、ご家庭の食卓に
  4. 保育所・幼稚園の中だけでは難しい、発達が気になる子のための支…
  5. 小規模保育の良いところって?
  1. BLOG

    海外視察:ドイツ・オランダの幼児教育施設を訪問
  2. メディア掲載情報

    横浜市会議員 藤崎浩太郎さんのブログでご紹介いただきました!
  3. 資質向上・チームづくり

    他園さんとの合同研修 part.2
  4. 十人十育の実践

    個人記録ノート「といろく」
  5. 日々のこと

    小規模保育の未来を語る2018 in 横浜
PAGE TOP